S. HAIR SALON

2010 Tokyo

Image slider is paused.

オーナーが収集していたヨーロッパの工業製品を空間のポイントにしながら、サロンというよりはアトリエのような空間をつくりました。界壁はCB積みとし、カットチェアには特注のポロック、スタッフルームには無垢材のヘリンボーン張りと、随所にオーナーの拘りが感じられる空間に仕上がっています。オーナーのイメージがはっきりしていたので非常に短時間で設計を進めることができました。